スキップ

イライザ風パリジェンヌ

  • Publié par rietarm
昨日、友達に連れられて

なんと、タロットをしてもらいにbarに行って来ました!



と在るbarで(ごく普通のbarなのですが)

火曜日はタロットをしてくれる人が来ていて

ただで見てくれるのです。



本当は、予約もなんもとらないのですが、

友達の同僚が、そこのマダムと仲が良いらしく、

特別に予約をとってもらい行って来ました!



いつもは、3人ほどタロットやってくれる人がいるみたいなのだけど、昨日は1人のみ。



しかも、結構有名らしくお店があく17時から、

タロットをめがけて、いっぱいのお客さんが待っているそうで、

その日も、結構、すでに待ちの人がいました。



まあ、何を聞いたか?何を言われたか?は伏せておくとして、、、



実は、自分、去年の暮れに急に思い立って(またかよ。。)

今年っから、タロットを勉強しているです!



それも、普段よく見かけるタロットではなく、

マルセイユタロットという古いやつの方です。



このマルセイユの方は、なんて言うか、

占いとかそういったことではなく、もっと心理的というか、

精神的というかそんな感じで、

とか言って、=神がかった=とか、そんなワケでもなく。。

なんせ、まだまだ入門編なので、うまく言えませんが、

一言でいうと占いではないと思っているわけです。(自分は)

その道の専門の方から見ると、「何を知ったように、」

と思われると思うので、それもこの辺で。。



そもそも思い立った理由も、

「ちょっと将来的にやってみたいかも」と友達と話していた

次の日のパトロールで、たまたまカードを見つけたからなのです。



いままで、気にしていなかったからか、パトロールで見かけることも無かったのに!



そこで手にしたのが、マルセイユ~の方だったので、

そのまま、そっちの勉強を始めました。



で、



そのbarでやってくれた人も、マルセイユ~の方だったのですね。

元々は、トランプと同じように、カードゲームとして

ヨーロッパでは親しまれてたらしいので、フランスではマルセイユが主流なのかもしれませんが。



まあ、一緒にいった友達は、異様にビックリしていました!

自分に言ってくることが、まさにその通りだったかららしく。。

聞いてる本人は、至って「そうっすか。。」って感じだったけど。



その日は、友達の友達、、の友達、と計8人での約束だったらしいのですが、

実際、友達が現れたのが1時間程あと、その友達の友達が現れたのが、さらに1時間後。



自分は、マルっきり誰も知らないわけですが、

友達は、まずその事にちょいとお冠!



結局、見てもらえたのがうちら2人+後から来た通称友達の友達

(ってココまでで、何回友達ってかいてるだろ?)

のみでした。



そんなことは、どーでもよくって、書きたかったことはこの後からなんですね~



ココからは、かなり批判なんで、お目通し非推奨です。



そのその他大勢(ここから、もう「その他大勢にします」)

が所謂パリジェンヌなんですね。

ここで自分がいうパリジェンヌは、良い意味ではなく

意地悪な言い方の方です。



その他大勢は、友達同士なんですが、

見かけそっくり、着ているものそっくり、

どこどこのパーティーに行って、どうだった。

誰々の男が、どうだこうだ。

そんな、自分たちだけの話題のみぴーちくパーちく話して、

「じゃ、次ぎいく~?」と去って行きました。。。



ああああ、疲れた。。。



正直、自分、この系のタイプ苦手なんです。

そして、パリには多い気がします。



なんつーのか、似た物同士が友達になるのは当たり前だし、

似てくるのも当たり前なんですが、

鼻高々の、自分たちイケてるでしょ~!臭がきつい。



自分にとって、パリの若い子は(といっても、30代前後ぐらいまで)みんなこんな感じかな~とひとくくりにしている所が

ずーっとあったのですが、



実際、一緒に行った友達も最後マルっきり同じことを言っていました。

「気に喰わねー!」と。。



そうなんだ。。やっぱそうなんだ。。



と改めて思ったわけです。

まあ、どーでもいいことなんですけどね。。

結局は、人から見た自分の評価を気にしているわけで、

ソレが嫌いな、自分も、自分の友達も、

一方、その他大勢も、良し悪しもなく、どっちもどっちなんで。



そんなこんなで、今日は

museeに行って来ました。



見たいのが、今週で終わってしまうので、急いで行って来ました。

Fashioning Fashion. Deux siècles de mode européenne, 1700-1915



(14日で終わってしまう展示なので、このリンク先も

消えてしまう可能性大です。)



1700年~1915年までの、自分にとっては

ナイスは年代区切りです。



見ていると、

「これ、似たの持ってるな。。」というのが少しだけですが、あったりして、

サイトの詳細で書いている年代、、もしかしたら、もう50年ぐらい掘り下げてもよいのでは?と思いました。

もちろん全部ではなく、ほんの一部ですが、

特にレース系の1800年後半ってかいてあるやつです。



すっごくっポイなーって思ったのが、

展示の説明に、「靴 ○○年フランス」とか書いてあるんですが、

ドレスの中に履いているらしく、



「見えねー!!!」



というのが、1点ならず、チラホラありました。



そんなこんなの今日この頃です。

先に、感じ悪いこと書きましたが、、。



続きのベンチ入りです。





4363





4353





4383





4377





4379



よろしく哀愁です。
Tags: 2013 鑑賞編
Partager:

précédent suivant

ご注文について

特に以前から.FR a l'epoqueに慣れ親しんでいる方へ。

お取り置きシステムがなくなりました。が、追加ご注文、同梱をお考えの方は、1回目のご注文から大体1、2週間ほどをご決算の目安として、ご注文時に、Bank Deposit(銀行振り込み)をご選択くださいませ。もし最後にクレジットカードでのお支払いご希望でも最後に変更できます。初めにカード支払いを選択されてしまいますと、そのまま自動的にご精算手続きに入ってしまいます。お手続きをされますと発送の準備に入ります。よろしくお願いします。

そしてコメント欄に一言くださると助かります。

Please complete the procedure within one week of ordering.

merci 10%off

16000円以上のお買い物から10%割引のクーポンを発行しております。クーポンコードは merci 10%off

We issue 10% discount coupons for purchases over 16000 yen. Coupon code is merci 10% off

詳細はこちら

coupon

LINE official

LINE 公式始めました

海外からなのか、メールが届かない方もいらっしゃるので、こちらでもお問い合わせチャットいただけます。

ただ、お友達にならないとやり取りができないので、お友達からよろしくお願いします!!

お友達になったくださった方、

初回1000円引きクーポンプレゼント

お友達です